家を綺麗に保つためには鳩駆除やコウモリ駆除を依頼

ペットと少しでも長くいたい人におすすめな遺体の安置方法

ペットのお迎えが来るまでに~自宅で遺体を安置する場合~

男性

亡くなった後も、なるべくペットと長く一緒にいたいと思う方も多いでしょう。送迎が来るまでの間の過ごし方について詳しくご紹介します。

送迎までペットと一緒に過ごしたい

ペットが亡くなったからと言って、「じゃあすぐに火葬しよう」という気持ちにはなかなかなりませんよね。しかし、生き物は亡くなると腐敗していくものです。送迎までなるべく長くペットと一緒に過ごしたいのなら、ペットのためにも正しい安置方法を知っておく必要があります。

ペットが安らぐ安置方法

身体を綺麗にする
まずは死後硬直が起こる前にペットの目や口を閉じ、手足を優しく曲げて姿勢を整えてあげましょう。そしてペットシートやバスタオルを敷いた上に寝かせ、身体を清めていきます。お湯で濡らしたタオルなどで優しく身体を拭いてあげてください。特に口や肛門からは、自然現象で汚物が出てくることがあります。やがて収まりますのでその都度拭いてあげるか、気になる場合は脱脂綿やガーゼを詰めておくと良いでしょう。
保冷剤を置く
遺体は普通に置いておくだけではどんどん傷んでいきます。保冷剤やビニールに入れた氷、タオルにくるんだドライアイスなどで冷やし、腐敗を遅らせましょう。お腹や背中、頭などに保冷剤を当ててください。保冷剤を置いた部分にタオルをかけると、外気に触れないため氷が長持ちします。保冷剤は約10時間、氷は約3時間ごとに新しいものと交換しましょう。
安置
段ボール箱などの簡易お棺を用意し、新聞紙やタオル、毛布などを敷いてペットを寝かせてあげましょう。お花や好きだった食べ物、おもちゃなどを一緒に入れても良いですが、保冷剤交換の邪魔にならない程度にしてください。そしてなるべく涼しい場所に安置しましょう。冬場でも暖房が効いた室内に安置しておくと、意外とすぐに傷んでしまいます。

ペットと過ごせる時間

なるべく長くペットと一緒にいたいかもしれませんが、ペットを安置できる期間は1日程度です。冬場でも長くて2日くらいが目安と言われています。あまり長く安置しておくことはできないので、気持ちの整理がついたらなるべく早く送迎を呼びましょう。ペットのためにも、しっかりとペット葬儀を行ってあげてください。

TOPボタン